Home > 病院特集 > 病院特集 2010年6月号

参加店で使用できるクーポン券やプレゼントが当たる読者プレゼント
詳しくはコチラ
あなたの街の情報誌「ciao fukuoka(チャオフクオカ福岡)」は、福岡市東区(千早、香椎、和白、三苫、奈多、雁の巣、西戸崎)新宮・古賀・福津・宗像、オールカラー75,000部(64,000部家庭にポスティング、11,000部掲載店舗・コンビニのほか店舗等に設置)、年5回発行の地域密着情報誌フリーペーパーです。

病院特集 2010年6月号

  • 2017-11

かかりつけ医をみつけよう

あなたは定期検診を受けていますか?
 企業にお勤めの方は別としても、主婦やパート、自営業などの方は、何年も定期検診を受けないままに過ごしてしまいがち。自身の健康管理のためにも、病気の早期発見のためにも毎年の習慣にしたいもの。
特にかかりつけの医院やクリニックの検診は、大病院に比べ待ち時間も少なく、検診の結果を話し合って、より健康な生活に結びつけることができます。
 また、気になる症状がなくても一定年齢になったら、がん検診やB型・C型肝炎検診などもぜひ受診を。
 早期発見が健康な未来につながりますよ。

健康診断

舞の里内科クリニック 総合内科 太田聡先生

太田聡先生(日本内科学会認定・総合内科専門医)佐賀医科大学卒、九州大学大学院修了。福岡東医療センター、九州がんセンターなどの勤務を経て平成19年4月舞の里内科クリニック着任


回答:舞の里内科クリニック 総合内科 太田聡先生

質問健康診断で異常はなかったのですが、結果の見方がよく分かりません。

答え

医療機関に行けば詳しい説明をしてもらえます。また、異常がなくても、診断結果は保管して数年の推移を見るよう心がけましょう。数値が高く推移しているなら要注意です。
 健康診断で再検査が必要だという結果が出ても、「自覚症状がない」「何をいわれるか怖い」と、医療機関へ行かない方は多いようです。がんや心臓病、脳卒中などの生活習慣病をはじめ、多くの病気は早期には自覚症状がないもの。早めに受診してください。

質問通常の健康診断の検査項目以外に、受けるといい検査はありますか?

答えピロリ菌とB型・C型肝炎の検査。いずれも自覚症状がないため、感染していても気が付かない方が多くいらっしゃいます。ピロリ菌の団塊の世代以前の方の感染率は8割前後。放っておくと、慢性胃炎から胃潰瘍、胃がんに進行することも。B型・C型肝炎も慢性肝炎から肝硬変、肝がんになる恐れがあります。

質問大きな病院での健康診断は待ち時間が長いと聞きましたが?

答えクリニックや医院なら比較的、待ち時間が短く、結果も早く出るようです。当クリニックには消化器、消化器内視鏡、肝臓、呼吸器、循環器、甲状腺、膠原病、リウマチ、整形外科の各学会認定の専門医がいるため、それぞれの専門性を生かした診断を行っています。また、1人の患者さまの検査を複数の医師がチェックするため、より客観的な診断ができるのも強みです。


http://www.myclinic.ne.jp/mainosato_cl/

大腸がん

回答:かい外科・胃腸科クリニック 甲斐信博院長

かい外科・胃腸科クリニック 甲斐信博院長

甲斐信博院長 長崎大学医学部第2外科出身。勤務医を経て、平成17年4月開業。

質問健康診断で便潜血検査で陽性反応が出ました。大腸がんなのか心配です。

答え肛門からの出血などでも陽性になるもので、ほとんどの方は大腸がんではありません。とはいえ、陽性の方は陰性の方よりも大腸がんの確率は高くなります。近年、食の欧米化などにより大腸がんが急増しています。陽性の方はもちろん、急に便秘気味になった方、便秘と下痢を繰り返す方、50代の方も大腸内視鏡検査を受けてみましょう。早期に発見すれば、大腸がんは手術をせずに内視で治療できる場合もあります。



http://www.kai-geka.or.jp


http://www.sugimotoeyeclinic.com/

病院特集バックナンバー

病院特集6月号

11月号教えてドクター からだのこと、病気のこと

9月号教えてドクター からだのこと、病気のこと

6月号かかりつけ医をみつけよう

2月号かかりつけ医をみつけよう

Home > 病院特集 > 病院特集 2010年6月号

次号予告

Return to page top