Home > 病院特集 > 病院特集 2016年6月

参加店で使用できるクーポン券やプレゼントが当たる読者プレゼント
詳しくはコチラ
あなたの街の情報誌「ciao fukuoka(チャオフクオカ福岡)」は、福岡市東区(千早、香椎、和白、三苫、奈多、雁の巣、西戸崎)新宮・古賀・福津・宗像、オールカラー75,000部(64,000部家庭にポスティング、11,000部掲載店舗・コンビニのほか店舗等に設置)、年5回発行の地域密着情報誌フリーペーパーです。

病院特集 2016年6月

  • 2017-11

教えてドクター からだのこと、病気のこと

痔の治療「ジオン療法」について

回答:愛和会 古賀中央病院
   大川尚臣 先生



 肛門疾患は、排便時の出血、痛み、脱肛や違和感など気になる症状があっても恥ずかしさのため病院に行くことを躊躇され我慢される方が多いようです。それに痔を治療するにあたり手術と数日間の入院が必要だというイメージが強く、治療=大変、だと思われがちなようです。
 しかしここ数年、一般的にいぼ痔と呼ばれる内痔核、脱出や出血を伴う痔の症状に「ジオン療法(四段階注射法)」が広く行われるようになりました。
ジオン療法は患部を切除せずに直接痔核に4ケ所注射を行い、痔核を縮小、退縮させる方法です。従来の治療方法と異なり、メスを入れない治療のため仕事や生活に与える影響、精神的ストレスや身体的負担はより少ないのが最大のメリットです。ただし症状、痔核の状態により適応、不適応があるため、きちんと診断をしてもらうことが大切です。
 現在、古賀エリアではこの治療ができるのは認定を受けた当院だけです。当院では通常1泊2日の入院で行っています。
 また、出血を伴う場合、内視鏡検査の結果、実際は痔ではなく大腸がんが見つかったというケースもありますので、病気の早期発見のためにも気になることがあれば早めに受診をしましょう。

大川尚臣 先生大川尚臣 先生
岡山大学医学部消化器・腫瘍外科出身
日本大腸肛門病学会専門医
日本外科学会指導医、専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医

医療法人社団 愛和会 古賀中央病院
内科・消化器科・外科・整形外科・肛門科・リハビリ科・麻酔科・婦人科
診療科目:診察時間:月~金曜 9:00~17:00/土曜 9:00~12:00 休診日:日曜・祝日 
駐車場:あり
古賀市天神1-13-30 TEL 092(944)1551



17-1

Home > 病院特集 > 病院特集 2016年6月

次号予告

Return to page top