Home > 病院特集 > 病院特集 2013年6月

参加店で使用できるクーポン券やプレゼントが当たる読者プレゼント
詳しくはコチラ
あなたの街の情報誌「ciao fukuoka(チャオフクオカ福岡)」は、福岡市東区(千早、香椎、和白、三苫、奈多、雁の巣、西戸崎)新宮・古賀・福津・宗像、オールカラー75,000部(64,000部家庭にポスティング、11,000部掲載店舗・コンビニのほか店舗等に設置)、年5回発行の地域密着情報誌フリーペーパーです。

病院特集 2013年6月

  • 2017-11

教えてドクター【からだのこと、病気のこと】

健康な歯は元気の源。定期検診で自分の歯を保ちましょう!

回答:ながの歯科 長野英樹 院長、安達大輔 副院長、松岡沙弥佳先生


質問歯周病と生活習慣病は関係があるのでしょうか。

答え運動療法や食事療法では改善が見られなかった血糖値データが、歯周病の治療後改善したという話があります。心筋梗塞や動脈硬化を悪化させると言われており、歯周病と全身との関わりはとても深いですね。歯周病は痛みが出にくく、歯のグラつきや歯茎がブヨブヨする等の症状が出たときはかなり進行していると考えられます。こういった自覚症状が少ない病気は検診を受けなければ早期発見につながりません。「痛みがない=安心」ではありませんから、小さなサインを見落とさないためにも定期検診を怠らないことです。

長野英樹院長
福岡歯科大学卒。長崎県野島歯科医院院長、新宮歯科医院院長を経て、平成22年5月開業。
長野先生


質問入れ歯を作りましたが、今後どのようなケアが必要ですか。

答え入れ歯を作ったら終わり、ではありません。噛んでいるうちに違和感が生じることもありますから、月に一度は検診に行くことが望ましいですね。サイクルが早いと思われるでしょうが、特に入れ歯を作ったばかりだと、なじむまでマメにチェックしてもらうほうが安心です。部分入れ歯を引っ掛けている歯の割れや欠けなどが原因で痛むこともあり、放っておくと治療が長引く原因になります。また、退院後歯科へ行くのが難しい方や足が弱くなって外出しづらい方は、往診もしていますので気軽にご相談ください。

安達大輔副院長
福岡歯科大学卒。ひろえ歯科他、勤務医を経て平成23年4月より、ながの歯科副院長に着任。
安達先生


質問子どもを持つ親として、心がけておくことを教えてください。

答え生え始めの乳歯にとって、フッ素塗布は歯質の強化にとても効果的です。乳歯から永久歯に生えかわる交換期では歯と歯の間に段差ができ、そこに汚れが溜まっていくと虫歯のできやすい環境になるため注意が必要です。歯の交換期の検診は、お子さんの歯並びを気にしていらっしゃる親御さんのご相談の機会としても利用していただければと思います。また中学生や高校生など忙しい学生さん達でも、虫歯がないからといって歯磨きを怠ると知らず知らずの内に歯周病を進行させてしまいます。できれば少しでも時間をみつけて定期検診等をうけていただいて、歯茎やお口の中のチェックをしていくことをお勧めします。

松岡沙弥佳先生
福岡歯科大学卒。平成24年8月から、ながの歯科勤務。
松岡先生

スタッフからひとこと

歯科衛生士 首藤瑛里香
治療が全部終わると安心される方が多いのですが、普段の食生活で歯に着色が付くと一見虫歯に気付きにくくなります。自宅でのブラッシング方法やそれぞれのお口の状態に合わせたケアも指導させていただきますので、ぜひ定期検診を習慣付けてくださいね。
 ながの歯科25年6月衛生士
保育士 森江里子・田中未季
お預かりするお子様の親御さんが、安心して治療に専念できるようお手伝いをするのが私たち保育士。キッズスペースに貼っているスタッフ紹介も興味を持って見てくれるよう、毎回変化を持たせて作っています。。
保育士

ながの歯科
ながの歯科 福岡市東区香椎団地1-20 香椎フェスティバルガーデン内 TEL 092(692)6668 
http://nagano.dentdb.com/

大きな地図で見る

Home > 病院特集 > 病院特集 2013年6月

次号予告

Return to page top