Home > 病院特集 > 病院特集 2013年2月

参加店で使用できるクーポン券やプレゼントが当たる読者プレゼント
詳しくはコチラ
あなたの街の情報誌「ciao fukuoka(チャオフクオカ福岡)」は、福岡市東区(千早、香椎、和白、三苫、奈多、雁の巣、西戸崎)新宮・古賀・福津・宗像、オールカラー75,000部(64,000部家庭にポスティング、11,000部掲載店舗・コンビニのほか店舗等に設置)、年5回発行の地域密着情報誌フリーペーパーです。

病院特集 2013年2月

  • 2017-11

エコー検査

回答:かい外科・胃腸科クリニック
   甲斐信博院長



質問健康診断などでよく耳にする「エコー」とはどういう検査でしょうか?

答え
エコー」とは超音波検査とも言います。妊娠中に胎児を観察するのも、この超音波検査です。体の表面から超音波を当てて内部の構造をモニターに映し出します。病院では乳腺や腹部などの病変を発見する目的で行われます。乳癌や甲状腺の疾患の発見に有効です。腹部では肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓などの癌や結石の診断のためによく用いられます。
 この検査の利点は何と言っても検査に伴う痛みや苦痛がないこと。そしてX線被爆の心配がないことです。検査に伴う痛みや苦痛が心配で、受診を迷うことがありますが、その点で超音波検査は怖がらずに受けることができます。欠点は画像がCTほど鮮明ではないこと。体の奥深いところや胃や腸など空気が存在するところは超音波が届かないために観察しにくいことです。
 腹痛などの原因が気になる時、乳腺や甲状腺のしこりに気が付いたときなどは、早めの受診をお勧めします。


かい外科
甲斐信博 院長
長崎大学医学部第2外科出身。
勤務医を経て、平成17年4月開業。

かい外科
HP
地図

Home > 病院特集 > 病院特集 2013年2月

次号予告

Return to page top