Home > 病院特集 > 病院特集 2012年9月

参加店で使用できるクーポン券やプレゼントが当たる読者プレゼント
詳しくはコチラ
あなたの街の情報誌「ciao fukuoka(チャオフクオカ福岡)」は、福岡市東区(千早、香椎、和白、三苫、奈多、雁の巣、西戸崎)新宮・古賀・福津・宗像、オールカラー75,000部(64,000部家庭にポスティング、11,000部掲載店舗・コンビニのほか店舗等に設置)、年5回発行の地域密着情報誌フリーペーパーです。

病院特集 2012年9月

  • 2017-11

教えてドクター【からだのこと、病気のこと】

痛みはないけれど…と気になる口内の環境、そのままにしていませんか?

回答:ながの歯科 長野英樹 院長,安達大輔副院長,松岡沙弥佳先生


質問口臭が気になるので、デンタルリンスや口臭予防グッズを利用しています。このままで良いでしょうか。

答え口臭の原因は内科的要因を除くと、虫歯や歯周病など口内環境が原因だと考えられます。加齢と共に増える傾向があり、歯垢や歯石が原因で歯周病になり、その細菌が「揮発性ガス」を生み出したものが口臭の元になります。デンタルリンスやガムなどは一時的な対処方法で、口臭の原因自体は取り除くことができません。歯周ポケットに入り込んでしまった歯石は歯ブラシでも取れないので、定期的に専門性の高い衛生士に除去してもらうことが、口臭除去の予防にもなります。

長野英樹院長
福岡歯科大学卒。長崎県野島歯科医院院長、新宮歯科医院院長を経て、平成22年5月開業。
長野英樹院長


質問子どもの虫歯のリスクについて教えてください。

答え乳歯は永久歯に比べると歯質がやわらかく、溝が深いので食片がたまりやすく、その結果、虫歯の進行が永久歯よりも速いのです。よくあるのが子どもさんが風邪をひいて脱水症状を起こしたときなど、お医者様に「ポカリスエットなどを飲ませてください」と言われて、1週間ほど寝込んだ後にすべての歯が虫歯になっているケースもあります。乳歯はフッ素吸収も高く、歯質強化のためにフッ素が効果的です。定期的なフッ素塗布をおすすめします。

福岡歯科大学卒。ひろえ歯科他、勤務医を経て平成23年4月より、ながの歯科副院長に着任。 安達副院長


質問妊娠中の歯科治療についてアドバイスをお願いします。

答え妊娠中だからと歯科治療を控える方がいらっしゃいますが、実際は妊娠時期によっては麻酔を使うこともできます。しかし、妊娠初期の妊婦の方の中には、歯科治療で使う薬剤の臭いが気になったり気分が悪くなる方もいらっしゃいますから注意が必要です。また、妊娠期特有の歯肉炎や歯周炎を起こす方もいらっしゃいます。その症状がひどくならないようにする為にも無理のない程度で構わないので歯科検診を受けて頂き、できれば出産後は親子で定期検診を受けてもらえるようになると嬉しいですね。

福岡歯科大学卒。平成24年8月からながの歯科に勤務。 松岡紗弥佳先生

スタッフからひとこと

歯科衛生士 首藤瑛里香・吉田真由美
歯ブラシの持ち方からブラッシング等、それぞれに合ったホームケアの方法を丁寧に指導しています。患者さんへ治療内容をわかりやすく説明するように心がけていますから、気になることがあれば気軽にお尋ねください。
 歯科衛生士
田中未季・森江里子
お預かりしたお子様がケガをしないよう、十分な目配り気配りを心がけています。また、少しでもスタッフを身近に感じてもらえるように、シーズン毎に変えるスタッフ紹介の張り紙も工夫をしています。
保育士

ながの歯科
ながの歯科 福岡市東区香椎団地1-20 香椎フェスティバルガーデン内 TEL 092(692)6668  地図
http://nagano.dentdb.com/

Home > 病院特集 > 病院特集 2012年9月

次号予告

Return to page top