Home > 病院特集 > 病院特集 2010年2月

参加店で使用できるクーポン券やプレゼントが当たる読者プレゼント
詳しくはコチラ
あなたの街の情報誌「ciao fukuoka(チャオフクオカ福岡)」は、福岡市東区(千早、香椎、和白、三苫、奈多、雁の巣、西戸崎)新宮・古賀・福津・宗像、オールカラー75,000部(64,000部家庭にポスティング、11,000部掲載店舗・コンビニのほか店舗等に設置)、年5回発行の地域密着情報誌フリーペーパーです。

病院特集 2010年2月

  • 2017-11

かかりつけ医をみつけよう

あれ、風邪を引いたかな? 子どもが急に熱を出して…。そんなとき、気軽に相談できるお医者さんがいると大助かり。大病院では難しいきめ細やかな応対と丁寧な診察で、私たちの不安をふきはらってくれます。大病院では待ち時間が長くなりがちで、かえって病気を悪化させてしまうこともあります。
 普段は地域のかかりつけ医に行き、検査や手術のときには、紹介状をもらって設備の整った大病院へ。こうした使い分けを上手にしていくことが大切。お医者さまのちょっとした言葉にはげまされることも多いもの。あなたと家族にとって、信頼できるお医者様を見つけましょう。

良い医師を見つけるコツは3つ。距離と専門性、そして相性です。

  1. 通院に無理のない距離にあること。場所が遠いと、診察してもらうまでに病人が疲れてしまいます。同じように待ち時間が長くならないことも、病人にとっては大切なポイントです。
  2. ドクターの専門分野。たとえば、喘息気味の子どもさんなら呼吸器専門の医師というように、診療科目を調べてみることも大切です。
  3. 文字通り、医師との相性。人間同士ですからこれは大切なことです。わからないこと、不安なことがあれば積極的に質問して、医師との信頼関係を築いていきましょう。

せき・ぜんそく

回答:舞の里内科クリニック 内科・呼吸器科 米光純子先生

質問せきが長引きます。風邪じゃなく、ひょっとしてぜんそく?


答えせきが長引く場合、まず考えられるのは、季節の変わり目に出やすい「せきぜんそく」。たんの絡まない乾性のせきで、気管支ぜんそくのようなゼーゼー、ヒューヒューという音などはなく、症状もそれほどひどくありません。しかし、気管支ぜんそくの一歩手前で、3割が気管支ぜんそくに移行するといわれます。


米光純子先生

米光純子先生

 ほかに考えられるのは、近年、患者数が増加傾向にある「СОPD(慢性閉塞性肺疾患)」。気管支の先にある肺胞が炎症により壊れる病気で、せきやたんが多くなり、息切れしやすくなります。治療をせずに放置しておくと症状が進み、日常生活に支障をきたすほど息苦しくなり、命にかかわることもあります。
 せきが2週間以上続くようなら、呼吸器専門医を受診することをおすすめします。呼吸機能検査などを受け、病名を診断してもらい、適切な治療を受けましょう。

質問米光先生は「呼吸器専門医」ですが、どういう医師を「専門医」というのですか?


答え呼吸器をはじめ各学会の、厳正な審査と試験に合格した医師が「専門医」として認定されます。「舞の里内科クリニック」では、呼吸器の他、消化器、消化器内視鏡、循環器、総合内科、肝臓、甲状腺、こう原病、リウマチ、整形外科の各学会認定の専門医が、それぞれ専門性を生かしながらチームを組んで、患者さま本位の診療を行っています。


米光純子先生
(日本呼吸器学会認定専門医・医学博士)
久留米大学医学部卒、同大学大学院修了。国立病院機構九州医療センター呼吸器科、済生会二日市病院呼吸器科医長を経て、平成20年6月舞の里内科クリニック着任。

医療法人ゆりの会
舞の里内科クリニック
診療科目 内科、消化器科、呼吸器科、循環器科、整形外科、リウマチ科、鍼灸、リハビリ
古賀市千鳥6-11-24
092-944-2626
月曜~金曜 9:00~13:00
      14:00~18:00
土曜    9:00~13:00
土曜午後・日曜・祝日
Pあり(16台)
http://www.myclinic.ne.jp/mainosato_cl/
JR千鳥駅から徒歩3分


老人性眼瞼下垂症

眼科回答:杉本眼科クリニック 杉本琢二院長


質問年のせいか、まぶたが下がって視野が狭くなりました。何か治療法がありますか?


杉本琢二院長

杉本琢二院長

 老化でまぶたの皮膚や筋肉がゆるむ「老人性眼瞼下垂症」でしょう。放置するとますます視野が狭くなります。また、まぶたを上げようと、無意識のうちに額や首などの筋肉が緊張し、肩コリの原因ともなります。ハードコンタクトを使っている若い方もなりやすい病気です。たるんだ皮膚を切除したり、筋肉を短くする手術方法があるので、相談されるのがよいでしょう。


杉本琢二院長
(日本眼科学会認定専門医)
京都大学医学部平成3年卒。京大病院、天理よろず相談所病院、小倉記念病院などの勤務を経て、平成20年12月開業。

杉本眼科クリニック
福岡市東区和白丘1-22-27
(JR福工大前駅構内)
092-605-5005
月~水曜・金曜 9:30~20:00
木曜(手術日) 9:30~13:00
土曜     9:30~18:00
 (13:00~14:30は昼休み)
※受付終了は各30分前まで
木曜午後・日曜・祝日
駅前立体駐車場サービス券発行
http://www.sugimotoeyeclinic.com

杉本眼科クリニック

杉本眼科クリニック

内科・老年内科・心療内科・精神科・老年精神科・リハビリテーション科・歯科

医療法人(社)聖恵会 福岡聖恵病院
内科・老年内科・心療内科・精神科・老年精神科・リハビリテーション科・歯科
医療法人聖恵会 福岡聖恵病院
古賀市鹿部482番地
理事長 安松 聖高
092-942-6181
http://megumi-kai.or.jp
JRしぶし駅より送迎バスをご利用ください。徒歩18分。
(財)日本医療機能評価機構認定病院

池見記念心療内科クリニック
院長 三島 徳雄
福岡市中央区赤坂1丁目13-8
赤坂ウィング6F
092-738-6270 予約制

病院特集バックナンバー

病院特集6月号

11月号教えてドクター からだのこと、病気のこと

9月号教えてドクター からだのこと、病気のこと

6月号かかりつけ医をみつけよう

2月号かかりつけ医をみつけよう

Home > 病院特集 > 病院特集 2010年2月

次号予告

Return to page top